ソーシャルゲーム業界の最近の動向

スマホを利用する人が増加をした影響もあり、ソーシャルゲームを利用する人も増加をしてきています。
2007年には4億円の市場だったものが2014年にはその1000倍以上の市場になりました。
新しいソーシャルゲームがどんどん出てきており、開発も進んでいます。

今後の動向もチェックをしておきたいですし、可能性も無限大なので注目をしている企業も多いです。
ゲームとは無縁の企業であっても、自社のサービスや商品に関連をしたゲームを開発したいと考えるところもあります。

ゲーム業界で仕事をしたいと考えた場合、ソーシャルゲーム業界を中心に考えたほうが転職もしやすくなるでしょう。
それだけ需要が高まっている業界でもあります。
自分のアイディアが形になるというのは達成感がありますし、多くの人がダウンロードをして利用をするようになれば、大きな利益を生み出すことができます。

新鋭のソーシャルゲーム会社もどんどん誕生してきており、その新しい会社が開発をしたゲームが大当たりすると、一気に有名になります。
ソーシャルゲームはクチコミで広がっていく場合が多いということもあり、どの世代をターゲットに選ぶのかということも重要です。
ですから闇雲にゲームを開発するのではなく、どの年齢層にターゲットを絞るのかということも考えていく必要があります。
成功をするソーシャルゲームはしっかりとした分析も行っています。

ソーシャルゲーム業界に転職をしたいと考えた場合、SEなどの経験者が優遇されることも多いです。
しかし未経験者にも道は開かれているので、挑戦をする価値はあるでしょう。
新しいアイディアが欲しいと考える企業も多いのです。

同じゲーム業界であっても、今は家庭用ゲーム機が衰退をしているということがあり、ソーシャルゲームのほうが人気があります。
家庭用ゲーム機で楽しんでいたゲームも今はソーシャルゲームで楽しむことが出来るようになっています。
それだけソーシャルゲームの市場は拡大をしているということでもあります。

今後も伸びていく業界なので、転職をした場合にどのようなメリットがあるのかということも検討しておくとよいでしょう。
既存のIT関連会社と合併をするようなソーシャルゲーム会社も出てきていますし、IT関連会社がソーシャルゲームの専門部署を立ち上げるということも起きています。
専門部署を立ち上げる場合には、ソーシャルゲームの知識がある人材が求められるので転職のチャンスです。