ソーシャルゲーム会社のランキングをみてみよう

毎月のように新しいタイトルが出続けているソーシャルゲーム市場ですが、今どの企業が売り上げを伸ばしているのか?あのタイトルはどれくらいの人気なのか?気になったことはありませんか?
まずは、企業の上半期決算におけるランキングです。
堂々の1位に輝いたのはモンストでおなじみのmixiです。
やはりモンスターストライクの影響は大きく売上高の9割以上を占めています。
しかしこれまでの急成長と比較するとやや伸びが鈍っているのが気になるところですが、モンスト人気はまだまだ続くことでしょう。
第2位につけるのはガンホーオンライン。
パズドラ人気も落ち着いてきたのか、課金率が低下しているのが、売り上げ減少に影響しています。
しかしディバインゲートなどのパズドラに続くタイトルがユーザーのすそ野を広げているので、どれだけパズドラの減少分をカバーできるかがポイントです。
続いてDeNA。ガンホーと僅差での第3位です。そのあとにLINE、サイバーエージェント、グリーと続きます。
白猫プロジェクトが好調なコロプラは第7位と健闘しています。着実に売り上げを伸ばしているのでこれからに期待したいところです。
そのあとにネクソン、gumi、クルーズ・・・・と続いていますがどの企業にも共通して言えることは、「メインタイトルの人気に左右される」ということではないでしょうか?
とはいうものの、ゲームに流行り廃りはつきもので、如何にユーザーの嗜好にそったタイトルを出し続けることができるかがこれからの問題となることでしょう。
では、ゲームタイトルの人気はどうなのでしょうか?
一見パズドラとモンストの2大タイトルが群を抜いているように見えますが、追随するタイトルは出ているのでしょうか?
12月のAppStoreの売り上げランキングを見てみると・・・堂々の1位はやはりパズル&ドラゴンズ。
まだまだ人気は衰えず不動の第1位といったところでしょうか。
それに続くのは、じわりじわりと順位を上げてきたモンスターストライク。
パズドラを抜く日も近いかもしれませんね。
第3位がFate/GrandOrder。そして第4位に白猫プロジェクト。第5位に実況パワフルプロ野球と続きます。
3位のFateが大きく伸びた以外は大差のない変化といったところですね。
ここで注目したいのが前回28位から一気に8位に上り詰めた「剣と魔法のログレス いにしえの女神」と18位から9位に上がった「グランブルーファンタジー」です。
ログレスは2周年クエストや2周年大感謝祭といったイベントで盛り上がっているのが原因であると推測されます。
グランブルーファンタジーは、期間限定のクリスマスバージョンガチャが人気の要因です。
他のタイトルも時期が時期なだけにクリスマスイベントで全体的に活気づいている感じが見受けられますね。
しかし、期間限定イベントで人気が上がったタイトルはイベントが終わればどうなるのでしょうか?
せっかく盛り上がった人気ですので、熱が冷めないうちに次を用意して、常にユーザーの心をつかんでいてほしいですね。