ソーシャルゲーム業界に転職したいSEへ

SEが転職を考える理由とは?

優れたスキルや経験を身につけようと期待を抱いてSEになったものの、実際にSlerにSEとして入社すると現実と理想のギャップに悩まされ、転職を考える人も少なくありません。SEが転職を考える理由について多かったのが以下のようなことでした。

・多くのSEは、企業に雇われのSEであるため、企業(クライアント)の様々な習慣や無理な要求に振り回される傾向がある
・ITゼネコン体質に悩まされ、汎用性のあるスキルや知識が身につきづらいなど将来的なスキルアップが期待できない
・今遂行している仕事が評価されず、実際にどのように役立っているのか実感しにくい
・残業など仕事量が多いのに給料が安い

特にSEを悩ませる問題は、「ITゼネコン」と言われるピラミッド構造(多重下請け構造)です。ピラミッドのトップに位置する大手のITベンダーは、主に受注元の企業から引き受けたシステム開発の「管理・調整」を担います。実際にシステム開発を行うのは、下請けや孫請けに所属する多くのSEで、プログラミングやテストといった単調な作業を請け負わされることになります。このため、将来的に優れたスキルを身につけたいと考えている人にとって、Sler(下請け企業の場合)は期待外れの場となってしまっているのが現状です。

ただ、SEはつぶしの効かないエンジニアとも言われておりますが、実際に同業あるいは異業種への転職に成功している人もたくさんいます。こういった人達の多くは今までのSEとしてのスキルや経験を活かしています。

今回は、現況に悩み転職を考えているSEの方必見、SEとしてのキャリアを活かしつつ、転職に成功できるおすすめの方法を紹介します。是非、参考にしていただけると幸いです。

SEとしてのキャリアを活かし転職に成功するには?

一昔前までSEからの転職といえば、優れたスキルを評価された一部の人のみが引き抜きによる転職、これ以外の多くの人達はSEとは全く異なる業種へ転職する傾向がありました。しかし、ここ数年でSEの転職事情は大きく変化しており、ITゼネコン構造から脱出できる上、今までのSEとしてのキャリアを活かしつつ、さらにキャリアアップできる賢い選択法も一般化されつつあります。以下にリスクが少なくSEのキャリアを活かせるおすすめの転職方法について紹介します。

①SIer以外でSEキャリアを活かしIT転職

②社内SEへの転職

③フリーランスのSEとして転職をする

上記の中でも、①の「SEとしてのキャリアを活かし、IT関連の企業に転職するケース」が今のところSE転職の主流になっており、最もリスクが少なくおすすめの方法です。

近年Web業界ではその成長・拡大に伴いSEとしての専門的なスキル・経験を持った人材の需要が非常に高まっており、給料も高く設定されています。Slerからの転職に関しても、ソーシャルゲームやアプリなどを開発するWeb業界が特に転職成功率の高くなっている傾向があります。

以下にSlerからWeb系企業への転職で確実に実感できるメリットについて以下にまとめてみました。

《Web企業への転職のメリット》

・Web企業は、自社でゲームやアプリなどを開発しているため、SEの悩みの種、下請けなどのITゼネコン体質とは一切無縁であること

・給料待遇が改善されること

また、ゲーム業界の中で最も採用ニーズが活発になっているのがソーシャルゲーム業界で、今までのエンジニアとしてのキャリアや経験が評価されると年収アップでの転職の可能性も充分にあります。比較的転職成功率も高い傾向があるので、ソーシャルゲーム企業への転職を検討してみるのも 賢い選択でしょう。

SE転職を成功させるために必要なことは?

転職を考えるSEの中には、転職後どういった方向に進むべきか悩み決めかねている人も多いでしょう。今までのSEとしてのキャリアを捨て全くの異業種に進むという手段もありますが、異業種への転職は待遇が悪い傾向があり、ブラック企業につかまってしまうリスクも高くあまりおすすめできません。やはり数年であってもSEとしての経験やキャリアがあるのであればシステムエンジニアとして転職する方が、待遇もよく今後のキャリアアップの可能性も充分にあります。

そこでSEからの転職のサポートとしておすすめしたいのが「転職エージェント」です。ただ、一口に「転職エージェント」といっても闇雲に登録すればよいという訳ではありません。
特にエンジニア転職においては、以下の点をしっかりとカバーできているエージェントを選ぶことで転職成功率もぐっと高まります。

・システムエンジニアの転職事例や実績が多く、エンジニアに関する知識が高
エージェントがたくさんいる

・インターネット業界と強いつながりがあること

以上、上記の条件が整っている転職エージェントとしては、レバテックキャリア、あるいはワークポートがおすすめです。より信頼できる転職エージェントを選ぶことで、より効果的に転職成功率を高めていきましょう。ただ、レバテックキャリアに関しては、対応エリアは首都圏限定で、ワークポートは、関西・東京対応となります。